nayamuhito

はい、まさきちです(^^

皆さんは稼動病って言葉聞いたことありますか?

僕はちょいちょい聞くし、稼動病だなって思ったことあります。

平たく言うと「依存症」ですね。

今回はそんなお話を書いていきます。

ご覧ください(^^

スポンサードリンク

パチンコと依存症

パチンコは中毒性がかなりあります(^^;

大当たりをした瞬間の興奮!

演出の華やかさ等、最近の台はよく考えられて作られています。

勿論お金がかかっていることも関連しているでしょう。

打ったこと無い方にとっては
全くわからないし理解もできないと思う。

だけど、また打ちたくなるとかウズウズしちゃうんですよね。

僕自身、1○歳から兄貴の影響を受けて
パチスロを初めて打ったのがきっかけです。

当時は・・・

「依存症なんてあるわけないよ」

なーんて思っていましたし意識したこともなかった。

それが次第にのめり込むようになります。

実家に住んでいた時に、
手持ちが27000円になるまで打っていたこともありました。

当時が大花火やアルゼ系(現ユニバ系)打っていました。

勿論判別できないので設定狙いなのでそこそこリスクはあります。

「大花火設定狙いして勝てなかったからやめるか・・・」

こう思って打ったら運良く勝ち、その後も資金が減ることは無かったです。
(その後、確定台等の告知店が見つけたりで結果的に勝ち続けれた)

ここで負けてたら人生変わっていたかな・・・

とたまに思います。

依存症の恐いところとは?

生活を遮ってでも打ってしまうことでしょう。

理性が利かなくなる。

大事な約束をすっぽかしてスロ打ったことありますか?

まさきちはあります。こういう所ですよね。

同じパチンカー、スロッター同士なら

「あ~わかるわ」

ってなるんですけど

打たない方にとっては待たせるだけなのでストレスでしか無いですよね。

人間関係は後々大事になってきます。

理解しているけどできないことが多々ありました。

コントロール次第なのですがこれがなかなか難しいです。

最近は稼動癖が減ってきたので欲求は減りましたが・・・
(たまに打ちたくなりますけどね 笑)

勝っていても負けていてもこの症状は起きやすい

ってとこがポイントです。

負けている→お金減って生活が苦しくなる

勝っている→お金は減らないけど他のことに時間を割きづらくなる

稼動時間のコントロールさえできれば問題は無いのですが

目の前に落ちている期待値をスルーしてしまうことが許せなくなったりもします。

「執着」って所なのでしょうけどね。
(ブッダの言葉に確かありましたけど)

執着をすると苦しみを生む・・・。

生きている以上、お金が最たるものなのかもしれません。

それでもやりこめば並の職業よりも月収が高いのがパチンコの凄さですね。

依存症診断をしてみよう!

依存症診断ってのがあります。

パチンコ依存症診断チェック

これでチェックすると面白いかもしれないです。

1分くらいで診断できます。

あなたは何点でしたか?

僕は60点でした。

「パチンコ依存症の可能性があります」

と書かれてました(^^

そんなこと、知ってますけどねw

周りに依存症の方ばっかりなのでパチンコ打ってない人にやってもらいたいです。

きっと0点なんだろうなぁ・・・。

正しいパチンコとの向き合い方

自分の生活スタイルに合ったやり方が一番いいのではないでしょうか?

僕自身はパチ屋のおかげ(?)で人間関係が
いい方にも悪いほうに変わったこともあります。

一年間ほぼ毎日通うこともありました。

自分の欲を上手くコントロールできるようになると
違った世界が見えてくるかもしれないですね(^^

ブログランキング参加中です。魚群クリックで応援お願いします!にほんブログ村 パチンコブログへ